スポンサーサイト
-- / -- / -- (--)

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
イタリア旅行記その8 ~カプリ島・青の洞窟へ!~
2009 / 02 / 05 (木)

  
◆ 2008.5.25 (旅行5日目)◆
カプリ島観光 (宿泊はローマの ホテルラニエリ)



さて本日は別行動。 Y-チェとNちゃんはアマルフィ海岸へ、私はカプリ島へと向かいます!
スポンサーサイト
    
続きを読む
   
  
イタリア旅行記その7 ~ナポリ観光~
2009 / 02 / 02 (月)

  
◆ 2008.5.24(旅行4日目の続き)◆
ナポリ市内観光 (ナポリのスターホテル・テルミヌス泊)



では、ナポリ観光の続きをもう少し書きたいと思います。


【 ナポリ歴史地区 】

ジェズ・ヌオーヴォ広場の後はトレド通りを下り、“ナポリ歴史地区” という場所に向かいました。


途中で通ったウンベルト1世のガッレリアというアーケード街。

ウンベルト1世のガッレリア




入口にある“マリー”というお店では
ナポリ名物の甘~いお菓子、“スフォリアテッラ”etc・・が可愛く売られていました。

マリー




サン・カルロ劇場            プレビシート広場などを見ながら・・
サン・カルロ劇場 プレビシート広場



いよいよ王宮内部へ          内部には壁画も       
王宮1 壁画



この王宮は、ナポリがスペイン支配下に置かれていた時代に、当時のスペイン王を迎えるために
建築が始まったそうです。
結局その王を迎えることはなく、後にブルボン家の王宮として改築されたそうなんだけど・・。


王宮を出た後は、老舗のカフェ“ガンブリヌス”でちょっと一息。
オリジナルのジノリのカップが使われていますコーヒー
このお店には本当に行きたかったので嬉しかったぁー。


ガンブリヌス ガンブリヌス2



【 港方面へ 】

その後は、明日乗るフェリーのチケットを買えればと、ベヴェレッロ港へ向かいました。


港近くにあるヌオーヴォ城
(ここもナポリ歴史地区に入るみたい)

ヌオーヴォ城 ヌオーヴォ城2



ベヴェレッロ港のチケット売り場は残念ながらクローズ。
14時半頃にホテルを出て歩きながら色々観光。 途中ピザを食べたり、お茶を飲んだり・・。
この時点ですでに20時近くになっていたので、仕方ないですね。


でもとっても充実した観光で、大満足でしたふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート 
ベヴェレッロ港 ベヴェレッロ2



【 ホテル&ディナー 】

そろそろ暗くなってきたので、タクシーに乗ってホテルに戻ることに。
この日のディナーは、ホテルと同じ通りにあるお店、“da ETTORE(ダ・エットレ)”に行きました。
( もしかすると系列店というだけでお店の名前は違ったかも



da ETTORE? タコのマリネとラビオリ、
 そして豚肉のレモンソース風味キラキラ・オレンジ2

 イタリアにはレモンを使った
 料理が多くあるけれど、
 コレも本当に美味しかったー。
 さっぱりした後味で、いくらでも
 食べられそうキラキラ・オレンジ2




スターホテル・テルミヌス
食べ終わるともう23時前。
やたらクッションの多いホテルのソファを
横目に見ながら・・(笑)
部屋に戻って就寝です




さぁ明日はいよいよ別行動。
Y-チェとNちゃんはアマルフィ海岸へ、私は青の洞窟へと向かいます!
   
  
イタリア旅行記その6 ~from Catania to Napoli~
2009 / 02 / 01 (日)

  
◆ 2008.5.24(旅行4日目)◆
カターニア → (空路) → ローマ → (列車) → ナポリ着
ナポリ市内観光 (ナポリのスターホテル・テルミヌス泊)




【 ローマ経由ナポリへ 】

さていよいよ、あの穏やかだったシチリア島ともお別れ。
dangerousな街 ナポリ へと、女子3人で乗り込みます!笑


朝9:20発の飛行機で、カターニアからローマへ。
フィウミチーノ空港からはタクシーでテルミニ駅まで移動し、
イタリア版新幹線 “ユーロスター” に乗ってナポリを目指します。
(ちなみに空港からテルミニ駅までは“一律40ユーロ” というタクシーの定額料金が
適用されていました。)


そしてユーロスターに揺られること約1時間半。
14:12、ナポリ中央駅に到着です。



【 ナポリ市内観光 】


ナポリ市内



駅前のホテル、“スターホテル・テルミヌス” にチェックインし、早速ナポリ観光へ。


とにかくナポリは治安が悪いと聞いていたので、万全の準備をして出かけました。
お金は数か所に分けて持ち、万が一スリに遭ってもいいように、靴下の中にも紙幣を忍ばせて(笑)
    
続きを読む
   
  
イタリア旅行記その5 ~神殿の街へ~
2009 / 01 / 28 (水)

  
◆ 2008.5.23(旅行3日目)◆
アグリジェント観光 (カターニアのホテルサヴォナ泊)



この日は朝7時前にホテルを出発。
電車で4時間かけて、神殿の街 “アグリジェント” に行きました。


ホテルで朝ご飯が食べられなかった私達は
カターニア中央駅でパンを買い込み・・・・テンション高く電車を待ちます!

Hey!


カターニア駅からは遠くに海も見え(上の写真)、
早朝の人気のないホームは開放的でとても気持ちよかったー。


やがてやって来た電車は落書きだらけ(笑
それに乗り込み、のどかな風景の中を走ること4時間・・・・
電車 電車2 電車3


11:50、アグリジェント中央駅に到着です
アグリジェント中央駅


ここから今日の目的地、 “神殿の谷” まではバスに乗るんですが、
バス乗り場が、見つからない・・・・!
ガイドブックには “駅前からバスが出る” と書いてあるけれど。


・・・・・とここからは長くなるので結論だけ書くと、中央駅を出てまっすぐ進んで、
大通りに面した所。何の目印もない所がバス乗り場でした
チケットは、駅を背にして左前に出ている売店で買えます。
迷ったら売店で聞くのが、一番かもしれませんね。


バスは間もなくやって来て、10分ほどで “神殿の谷” へ。
ここは世界遺産にも登録されていて、広大な敷地に20余りの神殿が並んでいます。


コンコルディア神殿             ディオスクーリ神殿
コンコルディア神殿   ディオスクーリ神殿
    

ヘラクレス神殿               えっとコレは・・    
ヘラクレス神殿   えっと・・
   


壮大な神殿が並ぶさまは、まさに圧巻キラキラ
ひとつひとつがものすごい存在感を放っていました。


敷地内には、こんなに可愛い花の咲いたサボテンもMAROCACTUS
よく見ると、落書き?? 葉っぱに名前を掘ったりしてありました。 
サボテン


この後は神殿から発掘された物が収められている、国立考古学博物館へ。
そこでの見学も終え、駅まで戻ろうとしたのですが
またバス停が・・・・見当たらない・・・・orz
いや、今度はちゃんと表示がありました!マーク 青

バス停
    

“FERMATA(フェルマータ)”=バス停
錆びとるがな(笑
しかも木の下で、存在消して

 
当然自分達では発見できず、ウロウロしている私達を見て、
博物館のオジサンが通りの向こうから大きな声で教えてくれました。
迷う人も多いんだろうね。


駅まで戻るとまだ時間があったんで、急きょYぽんプロデュースで、アグリジェントの街を散策しました。

教会  散策  散策2



そして帰りの電車の中で、その出来事は起こったんです涙
なんと勤務中の車掌さんに・・・・・お金をねだられてしまいましたぁ!!電車3


車内はガラガラで、車両には私達3人のみ。
ポッチャリとした人の好さそうな車掌さんが、
最初は普通に話しかけてきました。
「どこから来たの?」「どこに泊まってるの?」
「明日はどこに行くの?」・・・・


でも急に「甥がアメリカで手術をすることになった。お金がいる。
1人5ユーロずつでいい。助けてほしい。」的なことを言い出して。
ヒマなのか随分粘られたけど、最終的には車掌も諦めて去っていきました。
あの時のYぽんの冷静な判断力には、本当に頭が下がりますm(__)m


・・・・とこんな事もありつつ、カターニアに戻ってからは楽しいディナー。
実は昨日と同じお店。だってすごく美味しかったんだもん。
あぁこのお店、名前を覚えてないことを本当に後悔!
エトネア通りを少し入った所にあるオステリアです。


そしてこの日食べたボンゴレがもう~めちゃくちゃ美味でハート
私的にはこの旅No,1の味となりました。

ボンゴレ
さて明日はいよいよシチリア島ともお別れ。
ローマ経由でナポリに入ります



******************************
追記
一緒にイタリアに行ったYぽんが、この時のお店の名前を教えてくれました。
“アンティカシチリア” というオステリアです。
活気があって美味しくて価格もお手頃で本当によかった!
特にボンゴレあさり オススメです☆

******************************


にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ
   
  
イタリア旅行記その5 ~カターニア観光~
2008 / 12 / 20 (土)

  
◆ 2008.5.22(旅行2日目)の続き◆
タオルミーナ&カターニア観光 (カターニアのホテルサヴォナ泊)



【 カターニア観光 】

タオルミーナからバスで戻ってきた私達。もうすでに18時を過ぎていました。
とは言っても5月のイタリアは20時過ぎまで明るいので、早速観光開始です


カターニア中央駅観光の前にまずカターニア中央駅(画像右)に寄り、
2日後に乗る長距離列車の切符を買いました。
切符を買っていざ歩き出そうとすると、話しかけてくる1人の紳士が。
「Where do you go?」                                           

カターニア駅は少し危ないと聞いていたので、ものすごく警戒したんだけど、
自動販売機で迷いながら切符を買っていた私達を見て、ちゃんと買えたか
わざわざ確かめにきてくれたんです。

全然駅の係員などではないですよ。通りすがりの人。
親切ですね~イタリアの方は3はーと 本当に親切に切符を確かめてくれました。
と言っても駅の周りは少し危険な雰囲気も漂っていたので、
充分気をつけるに越したことはないと思います



駅から20分ほど歩いて街の中心地まで戻り、いよいよ観光開始。
まずは “ドゥオーモ(大聖堂)” を眺めます。

Catania-Duomo.jpg

この大聖堂、壁面に白い部分と灰色の部分があるんですが・・。


【ガイドブックより】
カターニアの街は17世紀に火山の噴火と大地震により、壊滅的な被害を受けました。
その後復興する際に大理石が足りなかったため、溶岩を使って造った建物が、
この街には多くあります。この大聖堂もそのひとつ。
だから大理石を使った部分は白っぽく、溶岩を使った部分は黒っぽくなるのですね。
他の街では見られない、カターニアの建築物の大きな特徴です。


・・・・・・とのことです。街にはいろいろな歴史があるんですね。



象の噴水 ドゥオーモ前の広場には
 “フォンターナ・デッレファンテ
 (象の泉)”
という泉があり、
 象の鼻に触ると
 願いごとが叶うそう。

 真ん中少し下にいるのが象ぞう 
 (見えますか・・?)


 ちなみにこの象も、溶岩で
 作られてるそうです。





カターニア劇場跡
 この後も、カターニアのメイン通りで
 あるエトネア通りなどを歩き、
 観光を続けます。

 中でも印象に残っているのが、
 街中にある円形劇場跡。
 (画質調整したので
  色が悪くなってます)






これが普通に街中にあるんですよねぇ。
コレがイタリアの、いやヨーロッパの素晴らしいところイタリア国旗(ハート

私、この劇場跡見た時には、なんだかとても不思議な気分になりました。

今私は現代を歩いてるのに、ここだけタイムスリップしているような。
横には普通に車が走る道路があって、でもここだけ別空間で。
自分の中の右半身が現代に、左半身過去の時代にいるみたい。すごくフシギな感覚でした。
特に建物の扉をくぐるでもなく、普通に目に飛び込んでくる場所だから余計にそう思ったのかな。


・・・と歴史的な情緒に浸りながら、ハンパなく浸りながら、体は正直にお腹が空き・・・orz
かなり暗くなってきたこともあり、そろそろホテルの近くに戻って、ディナーを楽しむことにしました。
結局この時期、20時過ぎまで観光することができたと思います。


この日のお店は、エトネア通りを少し入ったところにあるオステリア、“アンティカ・シチリア”

Osteria-Sicilia1 Osteria-Sicilia2

テラス席もある素敵なレストランで、とてもおいしく頂くことができました。

明日は早朝ホテルを出発し、“神殿の街” アグリジェントを訪れます。
   
  
イタリア旅行記その4 ~タオルミーナ観光 part2~
2008 / 12 / 19 (金)

  
◆ 2008.5.22(旅行2日目の続き)◆
タオルミーナ&カターニア観光 (カターニアのホテルサヴォナ泊)



【 タオルミーナ観光 : イゾラベッラetc・・ 】
(前記事からの続きです。)

ウンベルト1世通りの観光が終わった後は、通りを少し曲がったところにある
“ギリシア劇場” に行ってみました。
ここは有料で6ユーロ。 紀元前3世紀に建てられた劇場ですが、今も現役で使われています。

Teatro Greco1 Teatro Greco2



タオルミーナの海
この後はウンベルト1世通りに戻ってお昼を食べ、
下に見えている海に行ってみることにしました。
普段はロープウェイが動いているんだけど、この日はなぜかお休み。
タクシーで海まで向かうことになりました。


初めにバスを降りた地点まで戻り、タクシーを拾います。
タクシーはたくさん止まってますが、乗る前に必ず料金を確認してくださいね。
私たちは「3人だから5ユーロずつで、15ユーロ!」と、よく分からない料金の決め方を
されました (優しい運転手さんだったけど。)


10分余りで海の近くまで着き、そこから階段を100段ほど下ります。
すると目の前には美しい海が海と空

TAORMINA21

とっても透明度が高く、泳いでる人も多かったですよ。


この海には『イゾラ・ベッラ』という小島が浮かんでおり、歩いて渡ることができます。
イゾラベッラは “美しい島”という意味で、映画『グラン・ブルー』にも登場したんですキラキラ

Isola Bella1

 この道を歩いて行くと・・











Isola Bella2
 この島(イゾラ・ベッラ)に到着します。

 ただ、島にはロープが張られていて、
 入っていくことはできませんでした









1時間ほど海岸で過ごした後、タクシーに乗ってタオルミーナの街へ。
来る時には15ユーロだった料金が、帰りは同じ距離で18ユーロでしたぁ


街に戻ってきた時点で、もう時刻は16時過ぎ。
そろそろ長距離バスでカターニアに戻ることにしました。
カターニアに戻ってからのことは、この次の記事で♪
   
  
イタリア旅行記その3 ~タオルミーナ観光 part1~
2008 / 12 / 18 (木)

  
◆ 2008.5.22(旅行2日目)◆
タオルミーナ&カターニア観光 (カターニアのホテルサヴォナ泊)



さていよいよイタリア本格始動の初日です
この日はまず、バスで1時間ほどのタオルミーナという街へ観光に行き、
早めに帰ってきて、カターニア観光をするというスケジュールでした。


【 タオルミーナへ 】

朝8時過ぎにホテルを出発し、カターニア中央駅にある長距離バスターミナルへ向かいます。

Catania-central-station.jpg
 【画像はカターニア中央駅】

 カターニア中央駅までは、ホテルのすぐ
 近くからバスが出てますが、
 歩いても20分ほど。

 この日は初めてだったのでバスで
 行ったけど、道が分かってからは
 歩いて行きました




駅を背にしてすぐ前にあるのが、市内行きのバス乗り場。その奥に長距離バスターミナルがあります。
各地行きの乗り場が並んでいるので、“TAORMINA(タオルミーナ)” の看板を探してくださいね。
バスチケットは、乗り場向かいの売店で買うことができます。


バスの時刻表はInterbusのサイトで検索できますが・・時間通りに来ないことも多いです
私たちは9時過ぎのバスに乗り、10時半頃タオルミーナに到着しました。


TAORMINA.jpg

 
    バスを降りてまず見た景色。
   青い空がとても印象的!


 









ちなみに電車でタオルミーナに来ると、駅から更にバスに乗り換えてココまで来ないといけません。
直接街の近くまで来る、バスの方が便利だと思います♪
(その辺りの事は、シチリアクラブのサイトが参考になりました。)


【 タオルミーナ観光 : ウンベルト1世通り 】

バスを降りて坂を上ると・・タオルミーナの中心地に到着。
街の入口にはメッシーナ門という門があります。

MESSINA4.jpg  この門から反対側の門までの
  約800mが、タオルミーナの
  街の中心となる
  ウンベルト1世通り。

  通りの両側には、かわいい
  お店やカフェが並んでいて、
  大勢の観光客で
  賑わっていました。







TAORMINA13.jpg

 気持ちよさそうコーヒー&ハート















かわいい家やお店も♪
TAORMINA15.jpg TAORMINA16.jpg



TAORMINA14.jpg
 通りの途中にある、
 4月9日広場。
 (スペインから開放された日を
  記念してつけられた名前です)

 
 通り自体が車の乗入れ禁止
 なので、ゆっくり観光することが
 できました。


   





TAORMINA17.jpg
 通りの左右は階段に
 なってるので、
 段を利用したレストランも。












TAORMINA20.jpg
 タオルミーナは高台にある
 街なので、眼下には海を
 見下ろすこともできるんです。

 海も青いし空も青い!

 いい気持ちほっ








このあとウンベルト1世通りを出て、もう少しタオルミーナ観光が続きますが・・
長くなってきたので別記事にしたいと思います!


にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
   
  
イタリア旅行記その2 ~イタリア到着!~
2008 / 12 / 02 (火)

  
自分の記録用も兼ねて長くなると思いますので、適当に読み飛ばしてくださいね。
ちなみに画像はクリックで拡大可!  (旅行記その1はコチラ)    


◆2008.5.21(旅行1日目)◆
関空 → ローマ乗継ぎ → カターニア(シチリア島)到着
(カターニアのホテルサヴォナ泊)



前泊していた 関空温泉ホテルガーデンパレス を出発し、関西国際空港へ。
このホテルは関空までの無料バスもあり、周りに食事できる所も多く、金額もリーズナブル。
前泊するにはピッタリのホテルだったと思いますグー
航空会社のカウンターでチケットを受け取り、10:05発のAZ793便で、
いよいよローマに向けて出発です。


【 機内にて 】

AZ793便はアリタリア航空とJALの共同運航便で、機体はアリタリア航空のもの。
少ーしエンターテイメント機器のトラブルが多かったかな
私達が座った3席のうち、イヤホンも液晶画面もまともに使えたのは1席だけでした
でも機内は満席ではなかったので、空いている席に移らせてもらうことができました。


機内食については特に印象には残らず・・。普通に美味しかったと思います。
“スッコダランチャ”(オレンジジュース)が濃厚で美味しかったですジュース


【 ローマ乗り継ぎ 】

Fiumicino.jpg 
 約13時間のフライト後、現地時間16:00に
 ローマ・フィウミチーノ空港に到着。
 ここで乗継ぎのため約2時間の待ち時間です。


 その間は、ジェラート食べたりピザを食べたりして
 過ごしました。






【 カターニアへ 】

そして18:10、いよいよカターニアに向けて出発!
19:25に、カターニアのフォンターナロッサ空港に到着しました。

Catania-airport_20090804164048.jpg

この日の宿泊は、カターニアの中心地にあるホテルサヴォナ
空港からホテルへは、アリバス(路線バス)の457番で向かうんですが、
このバス乗り場がすごく分かりにくかった><


バスターミナル自体は空港を出て右側にあるんだけど、457番の乗り場は、
空港出口からバスターミナルに向かう途中にあるんです。

ALIBUS.jpg

  
   よく見るとこんな看板があり、
  「457」と書いてありました。
  (上の大きな写真にも
   看板が写ってます)

  
  空港を出て右側、バスターミナルに
  向かう途中
にこの看板が並んで
  いるので、自分が乗りたい番号の
  前で待ちます。





来たバスに書いてある路線番号の表示も、必ず確認してから乗った方がいいと思いますよ


バスに乗ったあとは、15分ほどでホテルの最寄りの停留所、『ドゥオーモ広場』に到着。
ここからホテルまではほんの数分。

サヴォナ
バスを降りたら、停留所から坂を上った所にある通り
(ヴィットリオ・エマヌエーレ通り)を左に曲がってくださいね。
そうすると後はまっすぐ。右手にホテルが見えてきます。


ホテルに着くともう21時半。
近くのバール(売店)で水だけ買い込み、その日は早めに寝ることにしました
   
  
イタリア旅行記その1 ~準備&前泊編~
2008 / 12 / 01 (月)

  
今年5月に、友達と3人でイタリアに行ってきました。
もう半年経ってしまったんだけど(笑)、その時の事を少しずつ書いていきたいと思います。


【日程】 2008.5.21~5.28

【スケジュール】 シチリア島のカターニア3泊 (タオルミーナ・カターニア・アグリジェント観光)
               ↓
           ナポリ1泊 (ナポリ市内・青の洞窟観光)
               ↓
           ローマ2泊

【メンバー】 名古屋で出逢ったYぽんとNちゃん


今回はツアーではなく、私にとって初の個人手配旅行
航空券からホテル、現地の移動手段などすべて自分たちで手配しました。
個人手配旅行は初めてだったので、準備のことも少し詳しく書いてみたいと思います。
    
続きを読む
   


profile & message

ゆず

Author:ゆず
神戸生まれのAround40。
夫と2人、大阪→東京→名古屋→福岡
→大阪→東京と転勤中

転勤先で仕事を見つけて働いています。
給与計算・社会保険などの労務や
経理補助の仕事。

引越し先でのお出かけや仕事探し、
golfの成長を綴りたいと思います。
好きなことはゴルフと観劇・体を動かすこと・読書・英語の勉強。

コメントはお気軽に書いてくださいね
よろしくお願いします♪



category


最近の記事


バックナンバー


*link*


counter


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。