夫と 『ビッグ・フィッシュ』 観劇
2017 / 02 / 26 (日)

  
久しぶりに夫と一緒にミュージカルを観てきました。
日生劇場で川平慈英さん主演で行われてた、『ビッグ・フィッシュ』 。
→ 公式サイト




IMG_4551.jpg



ティム・バートン監督の映画が原作で、主人公エドワードの生き様や
親子愛・家族愛・夫婦愛といったものがテーマになる作品。


川平さん演じるエドワードはお調子者で明るくて、いつも本当か嘘か分からないほどの大きな話を
自分の体験談として話してるような人。
彼の息子ウィルは子供の頃は楽しく話を聞いていたけど、いつしか虚構のようなことばかり話す父に
違和感や反発心を持ち始め、素直に話を聞くことができなくなってしまいます。


そして決定的なのは、そのウィルでの結婚式でのこと。
「息子夫婦が主役」 の日にも関わらず、相変わらず自分の話ばかりだし、
おまけに絶対秘密と言われていた花嫁さんの妊娠を、皆の前で話してしまうし・・。
ウィルはもう我慢できなくなり、親子の溝が決定的なものとなってしまうのです。


このウィルを演じているのが、子供時代は鈴木福くん。(Wキャスト)。
大人になってからは浦井健治さん



IMG_4553.jpg




福くんはもう本当にかわいくて、ちょっと舌足らずなセリフ回しと
一生懸命踊る姿に、オバサマ、胸キューン (死語) でした
器用そうじゃないところが、なんともかわいい


浦井さんはいつもの通り、堅実でイケメンという感じ。
浦井さん、手堅くて穴がなくて、いい意味でいつも引っかからないんですよねー。


舞台はエドワード (川平さん) の若い頃と現在の場面が入り交じりながら展開。
そしてエドワードが話す大げさな話を再現する場面もあるので、本当にいろんな場面が展開されます。


ファンダジーっぽい話を再現する場面では、魔女や大男が出てきたり。
サーカスの場面では曲芸とか楽しいダンスもあったり。


魔女を演じてたJ kimさんは初めて知ったのですが、
オーラがあって歌もお上手で、素敵な方でした。


大男カールの深水元基さんは実際3mぐらいあったのですが、どうやってるのでしょう!?
ご本人のお顔は3mぐらいの高さにあって足元までマントで見えなくなってたから、
誰かが肩車のような感じ?
でも足元は靴じゃなく、竹馬ぐらいの細いものが見えてたんですよねー。
まさかそんな細いものに乗ってる訳はないと思うので・・ナゾでした


サーカスの団長はROLLYさんローリー寺西さんなんです。
奇抜なメイクで存在感あって、サーカスの団長にピッタリでした!
エドワードの幼馴染ドン・プライスの藤井隆さんも明るくてちょっとイヤな子の役がいい感じ。


そしてどの場面もほとんど出ずっぱりの川平さん
若い頃も現在も1人でこなされてるので、歌って踊ってハンパないセリフ量で・・。
お調子者で明るくて優しいエドワードにピッタリで、
川平さん以外にこの役は考えられないと思うぐらい・・ハマリ役でした。


そして父との溝ができたウィルが、父エドワードが母以外の別の女性と家を購入した
契約書(?)を見つけ、少し謎を残しながら一幕が終了します。


一幕ラストの場面は、若い頃のエドワードが現在の妻サンドラにプロポーズした時のシーンなのですが、
この場面がとても綺麗!
舞台一面に黄色い水仙が広がってて、その中でプロポーズに応えるシーンはとても印象的でした。


最初に載せた画像でもそうだし、コラボしてる日比谷シャンテの壁もそうなんだけど、
このビッグ・フィッシュ、黄色とブルーがテーマカラーなんですよね。
ブルーはビッグフィッシュのいる水だと思うけど、黄色はこういう意味だったんだと思いました。




IMG_4556.jpg



IMG_4558.jpg




あ、上の画像に写っているブルーの衣装の女性は赤根那奈 (夢咲ねね) さん
浦井くん演じるウィルの婚約者→妻となる女性です。

初登場シーンは結婚式だったと思うけど・・。
シンプルなウエディングドレス姿なのに、パアァッと華があって

2年前の宝塚退団後も活躍されてますが、どんどん彼女のファンになっていきます。
決して得意な娘役さんじゃなかったんだけどな

今回の役は余裕な感じでしたね。5月の 『グレート・ギャツビー』 も楽しみです



2幕はエドワードが別の女性と買ってる家の件、そしてエドワードの病気がクローズアップされていきます。


この “別の女性” を演じているのが鈴木蘭々さん
1幕での若い頃と2幕の現在 (品のいい初老と言いますか・・) をきっちり演じ分けされてて
さすがだなと思いました。


蘭々さんに会いに行き、父の本当の姿を知ったウィル。
そして、もう先が長くない状態の父エドワード。
このあたりの展開には、とても胸を打つものがありました。


あぁ、でも、亡くなる直前になって、本当の姿を知るというのもツライな。
自分の栄光をベラベラ喋る必要はないけど、普通に仲良くやっていけるハズの親子だったと思うのに・・。

人には想像力って必要。
見えているものだけが全てじゃなく、逆に見えないことに真実も多い。
でもやっぱり、表してくれないと分からないことも多い。

少なくとも、あえて自分を落としてまで息子とうまくいかなくなってしまう数年間、十数年間より、
普通にうまくやっていける数年間のほうが、お互い幸せだったんじゃないかなあ。

もうあまり時間がない段階になって知るのは、知らないより幸せなのかどうなのか・・。
そんなこともテーマになってると思える、『ビッグ・フィッシュ』 でした。


最後になりましたが、エドワードの妻サンドラを演じた霧矢大夢さん
こちらも温かくて可愛くて愛情深い役柄にピッタリの、素敵なパフォーマンスでした。

久しぶりにダンスもたくさん観られて満足!
でもきりやん、本当はもっともっと踊れるんだよ


そんなことを思いながら、劇場を後にしました。
夫もまたいいミュージカルがあったら観たいと言ってくれて嬉しい
また一緒に行きたいな。



2880070.jpg



~2017.2.25 12時公演  日生劇場 1F7列~


にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ 
   
  
ロミジュリ 1度目の観劇。
2017 / 01 / 27 (金)

  
赤坂ACTシアターで上演されている 『ロミオ&ジュリエット』 を観てきました。

公式サイト → 

ストーリーはもちろんあの有名な 『ロミオとジュリエット』 なのですが、
想像されるような古典的なものとは全く違い!
ロック調のカッコいい曲や激しいダンス満載のスタイリッシュな舞台なのです


この作品は宝塚で上演されてる頃から大好きだったので、今回は複数回チケットを取っています。
作品が好きということもあるけど、やはりキャストが
大好きな古川雄大くんと岡幸二郎様が出ているので

12月・1月残業がんばったしイイよねと、チケットをgetしました。


昨日観てきたばかりで余韻が残ってて頭を曲が巡り、まだ落ち着いて感想を書けそうにもありません!
が、古川くんのロミオは素晴らしかった!

ジュリエットの乃木坂46の生田絵梨花ちゃんも初ミュージカルだそうだけど、歌がうまくって。
ティボルトの広瀬さんも色気ムンムン

マーキューシオの小野さんは声優さんだそうだけど、歌もダンスも上手くてびっくり。
青いヘアスタイルもとってもお似合いでした。
ベンヴォーリオの矢崎くんは温かい演技するのね。

いつも素晴らしい神父のサカケンさん、乳母シルビアさん、香寿さん、秋園さんと
書き始めたらキリがありませんが・・。
やはり岡様の歌声は昨日も素晴らしかった

髪型もまさかの刈上げと赤パーマ!
あれが似合う50代はなかなかおらんわ。


・・と、どんどん長くなってしまいそうな勢いですが、まだ観るので、感想は後日じっくり書きたいと思います。

ハードな公演だったりインフルエンザが流行ったりもしていますが、
キャストの皆様、大阪公演の千秋楽まで駆け抜けてくださいね!


~2017.1.26 18:30 TBS赤坂ACTシアター 2階J列~
   
  
ミュージカル 『スカーレット・ピンパーネル』
2016 / 11 / 30 (水)

  
久しぶりにミュージカルを観に行ってきました。
宝塚でも来年3度目の再演が決まった、『スカーレット・ピンパーネル』。

今回観に行ったのはTBS・梅芸主催の公演で、主演は石丸幹二さん、安蘭けいさん。
→ 公演の公式サイト

友達と3人での観劇でした。



作品について

とーっても楽しく観ることができました
演出や場面展開は宝塚版とは結構違っていて、変に比べることなく観られた感じ。
曲は一緒だけど、歌詞も違いました。
どちらがいい、悪いというのではなく、本当にそれぞれ楽しかったと思います。

ギロチンの演出は、わたし的には生々しすぎて・・
その点は宝塚の方がよかったかも知れません



キャスト・石丸幹二さん

最近TVでも大活躍ですが、ミュージカルをがっつり観たのは久しぶり。
歌が相変わらずお上手で、すごく品がありますね~。

イギリス貴族という役柄はぴったりなんだけど、もうひとつの顔・・
武器を持って戦うヒーローや立ち回りの場面とかは、ちょーっとがんばってる感があったかも・笑
階段を上る姿とかが、ちょっと重そうで・・
元男役の安蘭さんの方が、立ち回りはサマになってたかも知れません・笑



キャスト・安蘭けいさん

とうこさんも、歌がとっても上手かったです
千秋楽前日だったみたいで (←分かってない) 、最初はちょっとお疲れ気味だったけど、
2曲目からはすごく綺麗な声でした。

そして上でも書いたけど、立ち回り!
本来ヒロインのマルグリットは戦わないハズなんだけど、多分ファンサービスの演出かな?
石丸さんより石井さんより、完全に目立ってました

仕草や顔立ち、セリフの言い方など、やっぱりとうこさんは “強い女性” が似合うな~。



キャスト・石井一孝さん

ショーヴランはやっぱり印象に残る役!
黒ずくめでキザ?なんだけど、騙されやすいマヌケキャラで・・。
いい歌が多いし (特に ♪君はどこに -Where's the Girl-♪が大好き!) 、石井さんも歌がお上手



キャスト・佐藤隆紀さん

今までに書いたメインキャストの皆さん歌がお上手で素敵なんだけど、もうレベルが違うというか
上手い中でもまだこんなに目立つぐらい上手い人がいるんだとビックリしたのがこの人。
元々ミュージカル俳優ではなく、音大出身5人の男性で結成してるLE VELVETSというヴォーカルグループの方です。

最近ミュージカルに出ていて 「めちゃくちゃ上手い!」 というのを聞いていたので
今回初めて聴くのを楽しみにしてたんですが、もうなんと言うか・・ずっとずっと聴いていたくなる歌声でした。

独裁者ロベスピエールの役だったので曲が激しいこともあり、歌ってる間中、劇場の空気が完全に変わった感じ。
皆息をのんで彼の歌を聴いていて、広い劇場を歌声ひとつで完全に支配していました。
・・・・かと思えばコミカルなプリンス・オブ・ウェールズと2役だったから、
激しい歌が終わってそのまま舞台上で衣装替えして、明るい役に。
これはこれでガラッと変わって、その芸達者ぶりにもビックリ!

エリザベートではフランツもされてるし、佐藤さんの歌は必ずまたどこかで聴きたいです!



キャスト・則松亜海さん

マリーを演じた則松亜海さん。マリーは宝塚よりだいぶ小さな扱いになってましたね。
しかもアルマンと恋人じゃない! しかもマダム・タッソー! と驚くことばかりだったけど、
無難にこなされてたと思います。



キャスト・矢崎広さん

マルグリットの弟アルマンを演じた矢崎さん。イケメンでした
こちらもだいぶ宝塚版とは展開が違いましたね。
ミュージカルでよく名前をお見かけするし、今後も観ていきたい俳優さんのひとりです。



キャスト・ピンパーネル団の皆さん

残念ながら私は顔と名前が一致する方がいなかったんですが、皆さんイケメンばかり
あ、駒木根さんもカワイイ(笑)
ちょくちょくミュージカルで名前を拝見する方もいるので、また観ていきたいです。



***************************************************



スカーレット・ピンパーネルはやっぱりとても楽しい作品だと、改めて好きになりました
帰りは有楽町高架下で女3人ラーメン食べて帰りました!
楽しい1日


~2016.11.28 18:30 東京国際フォーラムC 3階2列~
   
  
ミュージカル 『1789』 -どハマり中!-②
2016 / 05 / 04 (水)

  
それでは、キャスト別感想の続きを。
まずは長身・イケメン揃いの革命家チームから。


( PCサイトでは、READ MORE に入れておきますね。)



IMG_2469.jpg
    
続きを読む
   
  
ミュージカル 『1789』 -どハマり中!-①
2016 / 05 / 04 (水)

  
連休中日ですね~。皆様いかがお過ごしでしょうか


ワタクシはまぁ色々ですが、昨日観たミュージカルが大変大変素晴らしく、
久しぶりに “どハマリ” している作品なので、その感想を書いてみたいと思います


テンション上がりすぎて、長く長~くなる可能性がありますので、
“READ MORE” に入れますね。(PCサイトで)。




2738085.jpg




2738109.jpg
    
続きを読む
   
  
東宝 『エリザベート』
2015 / 10 / 08 (木)

  
舞台の感想をもうひとつ。


・・とは言っても8月に観て書けてなかったものなので、記憶がかなり・・(;^_^
でも、思い出して書いてみたいと思います


東宝ミュージカルの 『エリザベート』 。
シシィは花總まりさん、トート井上芳雄さん、フランツ佐藤さん、ルキーニ山崎育三郎さん、
ルドルフ古川さん、ゾフィー皇太后 香寿たつきさんというキャストでした。



IMG_1119.jpg
    
続きを読む
   
  
舞台 KERA MAP『グッド・バイ』
2015 / 10 / 05 (月)

  
9月に仲村トオルさんの舞台を観に行ってきました。
トオルさんの舞台を観るのは、今年2本目です


ケラリーノ・サンドロヴィッチさん脚本・演出の『グッド・バイ』という作品。
公式サイトは → コチラ



Setagaya1.jpg



この作品は、太宰治の未完の小説をケラリーノさんが書き上げたもの。
なぜ未完だったかというと、冒頭を書いた時点で自害してしまったからなんですね。


太宰治原作なんて、とても真面目な舞台かと思ったら、ケラリーノさんが思いっ切り
味付けしているから?なのか、客席の笑い・爆笑が絶えないとーっても上質なコメディでした。


観に行ったのは大好きな劇場、世田谷パブリックシアター。
残念ながら世田谷での公演は9月で終わったけど、10月に全国公演があり、
横浜でも公演することに気づきました!



Setagaya2.jpg



何とかしてチケット探して横浜も行きたいくらい、とってもとっても楽しい作品でした


**********************************************


前置きが長くなったけど、作品の感想ももっと長くなる自信があるので
読み飛ばしてくださいね。


主役のトオルさんはモテ男で、妻子がありながら愛人20人オーバー・笑
でも心を入れ替え、愛人たちと別れる決心をします。


そのために取った方法は、超絶美女に妻のフリをしてもらい、愛人達との別れ話に付いて来てもらうこと。
超美人妻を見たら、愛人達も身を引くだろうというアイデアです。


その超絶美女役は小池栄子ちゃん。
メイン4人の愛人役が、夏帆、緒川たまき、門脇麦、町田エリーさん。


もちろん皆さんとってもお上手なんだけど、中でも一番印象に残ったのは小池栄子さん。
よく食べて豪快でガラッパチ。奔放だけど優しくて、
だんだんトオルさんを本当に好きになっていくという役で。


とても難しい役だと思うけど、どんなに蓮っ葉に演じても品を失わず、
温かさや心情がよく伝わってきて、“笑って泣けて” という作品の一番の原動力になっていると思いました


トオルさんの本妻役は、水野美紀さん。
和服姿でほっそりしていて、あまり配役をチェックせずに観に行ったから、
「ん、これは水野美紀・・さん!?」と しばらく自信を持てなかったほど。
TVだと割とガッシリしているイメージがあったので、少し意外な・・。(失礼


お顔も身体もほっそりで、とても綺麗。
そして芯が強く、肝が据わっていて、人の心の機微がよく分かる。
“物事を動かしていける人” という女性を、とても素敵に演じていました。
ある意味、水野さんのイメージとかぶるかも知れませんね。


男性で印象に残ったのは、萩原聖人さんと野間口徹さん。
野間口さんは最近とても売れてきてますね。 (この方 → 


萩原さんはルックスがいいし、お芝居も上手いし。
野間口さんはメインの役があるんだけど、少人数の舞台だから、場面によって色んな役をされていて。
どの役も自然にこなされてて、良い俳優さんだなと思いました。


夏帆さんはすごい透明感で可愛いし上手だし。
門脇麦ちゃんは若いと思うけど、演技派ですね。
ちょっと変わった役が多いけど、今回も気だるい感じの役を上手く演じられてました。


えー、すでにだいぶ長く書いてしまってますが、最後に仲村トオルさん
50歳になったのに変わらないスタイルで、まずやっぱりそこに目がいきます


うん、ファンだから知ってるけど、食事もすごく気をつけて努力されてるんだ


軽いアクションもあって、努力家で真摯な方だよなーと思いながら観てました。
これ、全然感想になってないですね(笑)


とにかく・・愛人が20人いる設定もムリがないルックス。
それでいて、本妻からでさえも本気では憎まれない人柄。
それを体現されてて、自然にお芝居の中に入り込むことができました。


これ、かなりの当たり役なんじゃないかしら?
そんなことを思いながら。。。


こんなに素敵な作品を4列目という良席で観られて、小劇場だからキャストの方がすぐそこにいて。
とてもとても幸せな3時間を過ごすことができました。


~2015.9.22 世田谷パブリックシアター 1階4列~


にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ 
   
  
野田秀樹・作 『エッグ』
2015 / 04 / 12 (日)

  
egg.jpg
4月初めに大阪であった舞台・・。
転勤で観に行けないかと思ったけど、
少し関西に残ることになったので、
無事(?)観ることができました。


野田秀樹 作・演出の 『エッグ』 という作品で、
主演は妻夫木くん、深津絵里さん、
そして 仲村トオル という素敵なキャスト。


すごい俳優さんだなと思う橋爪功さんや、
なぜか藤井隆 (芸人の) も出ていて、
観る前からテンションが上がります




でも、ムズカしかった・・
友達とも話してたんだけど、野田秀樹は頭が良すぎるんですよね。


“エッグ” という、卵を使ったスポーツの大会が、前半の主なシーン。
その部分は分かりやすいから楽に観てたら、実はエッグというスポーツは、
戦争時の日本部隊の人体実験・細菌兵器製造に関わるものだという話になっていきます。


そして人間は、都合の悪い事にはフタをしよう、忘れようとする・・。


しかも野田秀樹自身が本人役として登場していて、彼が執筆中の作品が、
今 目の前で行われている、この 『エッグ』 だという二重構造。


残念ながら私は、この作品がすべて理解できたとは思えないので、
ストーリーについての感想は書けません
キャストについて書きたいと思います。


◆ 妻夫木聡さん

めっちゃ華があってお芝居がうまいっ!!
出て来ただけでパーッと明るくなって、主演向きですね。
ただ、背が低いのが本当に残念・・。


今回アスリートの役で、上半身裸になるシーンがあるんです。
しかも長身の仲村トオルと大倉孝二さんに挟まれて、3人だけで。
やっぱり舞台だと全身見えるから、どうしても幼く見えちゃうよね
でも、すごく自然に役になりきってて、素敵な俳優さんだなと思います。


◆ 深津絵里さん


きれいー。 透明 (笑)
そして今回なんと生歌があるんだけど、もうめちゃくちゃ上手でした!
登場シーンでいきなり歌いながら出て来て、「これ誰か歌手が歌ってるんだろうなー」 と
思ってたら、なんと深津さんの生歌で・・。
ものっすごい綺麗な声でビックリしました。 もっと聴きたかった~。


そして妻夫木くんと同様、自然に役になる人だなと思いました。
ルックス的にもいつまでも変わらなくて、素敵な女優さん


◆ 仲村トオル


えー、好きです。 お友達からお願い・・・・(〃・・)っ
あ、間違えました。


とにかくこの舞台を観に行ったのは、トオルさん目当て。
上半身裸が見れて 満足です また鍛えたいい体してるんですよねー。
演技力も、舞台で観てると気になりません
白スーツの場面もあって映えまくり。
カーテンコールもいつものように、本当に気持ちを込めて客席に挨拶してくれます。


贔屓目なしに見ても、存在感あってよかったと思います


◆ 橋爪功さん


TVで観てて、怖いぐらい上手い俳優さんだなーと思ってて。
少ーし滑舌がよくない時もあって意外だったけど、それでもやっぱり聞き取りやすくて、
“完璧” という感じでした。


カーテンコールの時に、一番先に舞台に出ようと妻夫木くんと争いながら走ってきて、
笑い合って仲良さそうでした。
出演者が仲良さそうなの見ると和みますよねー。


****************************************************************


あ、そうそう、音楽は全編 椎名林檎さんで、明るめの曲調。
拙い感想しか書けませんが、とても考えさせられる作品でした。


~2015.4.3 シアターBRAVA! 1階15列~


にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ 
   
  
『 ライオンキング 』
2014 / 11 / 10 (月)

  
前記事で書いたランチの後は、大阪四季劇場で上演されている 『ライオンキング』 に向かいました。


LIONKING2.jpg


ライオンキングは評判もいいし、何年も気になっていた作品。
でも積極的に行く・・というほどでもなく機会があればと思っていたけど、
今回そういう流れになりチケットを取りました


席は前から3列目。
劇場は思ったよりも小さく、これならもう少し後ろの列がよかったかな~と
思いながら着席し、開演を待ちました。


でも! 始まった瞬間席のことなど忘れ、一気に気分が
というのも、劇場後ろの扉からどんどんどんどん動物達が列をなして登場し、
ゆっくり通路を行進しながら舞台へと上がっていくのです。


その動物も、ヒョウ・象・キリンなど種類も数も豊富。
客席にある通路2列ともに動物が歩き、私たちはその間のブロックに座っていたので、
右に左にとキョロキョロしながら、気がつくとどんどんサバンナの世界に惹き込まれていました。


動物たちもとてもリアルなんですよね。
“人間が動物を演じる” という制限の中で、あれだけ人間感を消せるとは。
基本、衣装とメイクで表して剥製?的なものをかぶったり付けたりするんだけど、
象やキリンは実物大!?と思えるほどの迫力があり、その精巧さにまず感心してしまいました。


あの動きを得られるまでにはキャストの方の相当の努力があったと思います。
単なる歌やダンスの技術とは違った技を見せていただきました。


・ ・とオープニングの事だけでこんなに書いてしまったけど、ストーリーは至って分かりやすいもの。
子ライオン (シンバ) が成長していく物語で、叔父ライオン (スカー) というハッキリした悪役もいて、
仲間との触れ合いも描いた勧善懲悪のストーリーです。


さすが関西?なのか、関西弁のお笑い担当キャラもいてね。
1幕最後のちょっとダレてくる時間帯からそのキャラたちが登場し、
空気が変わってとてもいい感じでした


歌とダンスはさすがですよね~。
ただ、四季のあの母音法はライオンキングでも健在なのかと思ったけど。
ひとつも音を落とさずに、ハッキリ喋るアレね。
四季観てるといつも母音法に気を取られちゃうんだよなー。


でもそんなのは小さいことで、2時間半すっかり惹き込まれたまま終わってしまいました。
客席一番前のスペース両サイドにパーカッションの方が2名いて、
民族楽器を生演奏しているのも、サバンナ感が増す理由だと思います


大人も子供も楽しめる素敵なミュージカルでした。


~2014.11.2 13:00 大阪四季劇場 1F3列~


にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ 
   
  
『モンテ・クリスト伯』
2014 / 01 / 12 (日)

  
新年は4日から、母と梅田芸術劇場へ舞台を観に行ってきました。


半沢直樹で浅野支店長を演じた、石丸幹二さん主演のミュージカル 『モンテ・クリスト伯』 。
内容は “続きを読む” に入れておきま~す。
    
続きを読む
   


profile & message

ゆず

Author:ゆず
神戸生まれのAround40。
夫と2人、大阪→東京→名古屋→福岡
→大阪→東京と転勤中

転勤先で仕事を見つけて働いています。
給与計算・社会保険などの労務や
経理補助の仕事。

引越し先でのお出かけや仕事探し、
golfの成長を綴りたいと思います。
好きなことはゴルフと観劇・体を動かすこと・読書・英語の勉強。

コメントはお気軽に書いてくださいね
よろしくお願いします!



category


最近の記事


バックナンバー


*link*


counter


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム