スカピン2回目観劇記 -その1-
2008 / 07 / 07 (月)

  
先週末は仕事と地元の飲み会のために、主人が大阪に1泊。
私も一緒について行き、『スカーレット・ピンパーネル』2度目の観劇をして来ました。

今回は場面ごとに順を追って、レポートしてみたいと思います。
パンフレットは買っていないので、順番の前後や抜けがあるとは思いますが
      



■マダム・ギロチン
オープニングはマダムギロチン。民衆のコーラスの迫力がすごいです。
そこへ御者に扮したスカーレット・ピンパーネル登場!
ド・トゥルネー一家のフランス脱出を成功させ、パーシー(安蘭けいさん)の
銀橋ソロへと繋がります。


■ひとかけらの勇気
この作品の主題歌を、瞳子さんが銀橋ソロで歌います。
ひとかけらの勇気がある限り、僕はあきらめない~という歌。
瞳子さんの声にピッタリでとても素敵な曲なのですが、この日はちょっとお疲れ気味。
少し不安定でした。それでも充分上手なんですが。


■ショーヴラン(柚希)登場
スカピンを見逃した部下を怒りながら、舞台を駆け抜けます。
礼音ちゃんの膝を高く上げる走り方がいいですね走る


■コメディ・フランセーズ
盆が回ってマルグリット(遠野あすかちゃん)の登場3はーと女優として最後の舞台の場面です。
いきなりのソロ歌の登場で、上手いのですがやっぱり少しお疲れ気味
そして歌の終わりにフランス批判をしてしまうため、ショーヴラン達に劇場の閉鎖を
命じられてしまいます。


■幕前
なんとか劇場の閉鎖を解きたいマルグリット。
そのためにはサンシール公爵の居所を教えるようショーヴランに詰め寄られ、
彼女は教えてしまいます。ここでパーシー、アルマン(和)、マリー(夢咲)登場。
瞳子さんはスカピンに扮している時とは、声も口調も全然違いますjumee☆sweat1b


■結婚式
パーシーとマルグリットの結婚式。2人とも幸せの絶頂です。
白い衣装で歌う “あなたこそ我が家” はとてもいい曲。
でも「我が家」という歌詞は、少し珍しいですね。
最初に聞いた時は、ちょっと気になってしまいました。
デュエットだけど歌詞がよく分かるし、ハモリもとても綺麗でした。

そして結婚式後のパーティーの場面へ。
舞踏会のような雰囲気で、衣装も華やかでとてもよかったです。
そしてこの場面彩海さんと夢乃さんが、かなりオイシイグッ
特に彩海さん、コミカルな感じで目立ってます。


■裏切り~主よ
とても幸せな2人だったのですが・・。
デュハースト(立樹)からある事を聞かされたパーシーはマルグリットを試し、
結果妻の裏切りを確信します。
(・・といっても本当はショーヴランにおどされてサンシール公の居場所を
教えてしまっただけなのですが)
結婚式当日に妻の裏切りを知ったパーシー。
“祈り” という曲に無念の気持ちを乗せて歌います。

この “祈り” がまたいい
サビで “主よ~” と歌いあげる部分の迫力がすごくて、最初に感じたお疲れは
忘れてしまいました。


では、その2へ続けたいと思います。


profile & message

ゆず

Author:ゆず
神戸生まれのAround40。
夫と2人、大阪→東京→名古屋→福岡
→大阪→東京と転勤中

転勤先で仕事を見つけて働いています。人事労務・経理補助。

40歳を過ぎて、老後を考えることも増えてきました
日々の思いをできるだけ素直に綴りたいと思います。

趣味はゴルフ・舞台を観ること・
読書・英語の勉強。

コメントはお気軽に書いてくださいね。よろしくお願いします



category


最近の記事


バックナンバー


*link*


counter


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム