東野圭吾 : 『さまよう刃』
2008 / 12 / 17 (水)

  
この本について早く書きたくって。本当に本当に、素晴らしい本でした。

ひとこと感想 … 素晴らしい!
ワタシ的星5つ … 5つ


◆あらすじ◆
少年に一人娘を殺された男が、自ら犯人に復讐する決意をする。
裁判では犯人達は、少年法に守られてしまうから。
しかし復讐を果たすとは、つまり殺人を犯すこと。
いったい正義とは何なのか? 誰が犯人を裁くのか?
その事を知った、マスコミや警察は?



少年犯罪という重く深いテーマです。でも東野圭吾の力で、重くなく一気にスムーズに
読ませてしまう。でも決して軽くなく、心にズシンとくる。

色々考えながら、とても入り込みながら、何度も涙しながら読みました。
ちょうど時間があったので殆ど一気に。
早く先を読みたくて読みたくて仕方なかった!こういう本を読んだのは久しぶり。

この本の素晴らしいところは、被害者の側だけじゃなく、刑事の心情も
きちんと書かれているところ。
本当に悪いのは、罪を犯した少年。
でもその少年を殺そうとしている被害者の父親を、警察は止めなければならない。
自分達のしている捜査とは結局、加害者の少年を救い、被害者の父親を追い詰めること。

この事件に色々な立場で関わる人達の気持ちが書かれている本でした。

日頃ニュースを見ていても、「加害者が守られているなぁ」と感じることがあります。
でも法律的に見ると、また違うのでしょうね・・。

この本は一生、大事にしたいと思います。


参加しています。↓↓よろしければクリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
   


profile & message

ゆず

Author:ゆず
神戸生まれのAround40。
夫と2人、大阪→東京→名古屋→福岡
→大阪→東京と転勤中

転勤先で仕事を見つけて働いています。人事労務・経理補助。

40歳を過ぎて、老後を考えることも増えてきました
日々の思いをできるだけ素直に綴りたいと思います。

趣味はゴルフ・舞台を観ること・
読書・英語の勉強。

コメントはお気軽に書いてくださいね。よろしくお願いします



category


最近の記事


バックナンバー


*link*


counter


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム