伊坂幸太郎さん『重力ピエロ』
2009 / 06 / 28 (日)

  
伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』を読みました。重力ピエロ
1年以上前に買った本だけど、全然読めてなくって・・。
実は2回ぐらい読みかけたけど、全然先に進みませんでした
でも今映画化されてるので、頑張って読みました。

Story
遺伝子を扱う会社に勤める泉と、落書きを消す仕事の春。
2人の兄弟が住む仙台で、放火事件が多発する。
現場のそばには、必ずスプレーによるグラフィティアートが。
連続放火事件と、謎の落書きの関係は!?



感想 (ちょっと辛口
本屋さんであらすじを読んで、ミステリーを期待して買いました。でもちょっと違ったみたい
ミステリーとしては謎も浅く、結末もすぐに読めてしまいます。
(それは伊坂さんも分かっているみたいだけど。)

じゃあこの本のいいところは?  “家族の絆” と “知的な会話”。
2人の兄弟とお父さん、もう亡くなったお母さんが出てくるんだけど、皆とっても家族思い。
ミステリーを少し絡めた、家族愛のお話だと思いました。

でも私は肝心のその家族愛の部分にもあんまり感動できなくて・・。
そうなるとちょっとツラかったです。

そして出てくる会話がとっても知的。
「クロマニョン人は」とか「遺伝子の構成要素は・・」。
こういう会話が苦にならなければ、きっとこの本は面白いと思いますグッ
ラッシュライフ (新潮文庫)
その会話の中にも深いことがあったり、素敵な部分があったりするんだけど、
それを感じる前に読み疲れてしまった感じかな。(ごめんなさい)。
全体的に現実味が薄いから、リアリティを求める人(←わたし)には
ツライかもしれません。独特な世界が広がっています。



ゴールデンスランバーなんかダメダメみたいだけど、伊坂さんの『ラッシュライフ』は面白く読めました。
『ゴールデンスランバー』も読んでみたい♪
・・ということで、この本が多分少し合わなかっただけだと思います。

amazonでの評価などは、結構高いようですよ。


にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ
   


profile & message

ゆず

Author:ゆず
神戸生まれのAround40。
夫と2人、大阪→東京→名古屋→福岡
→大阪→東京と転勤中

転勤先で仕事を見つけて働いています。
給与計算・社会保険などの労務や
経理補助の仕事。

引越し先でのお出かけや仕事探し、
golfの成長を綴りたいと思います。
好きなことはゴルフと観劇・体を動かすこと・読書・英語の勉強。

コメントはお気軽に書いてくださいね
よろしくお願いします!



category


最近の記事


バックナンバー


*link*


counter


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム