劇団四季 『クレイジー・フォー・ユー』
2010 / 05 / 09 (日)

  
まだGWの話を書いてますが、 両親が神戸に帰ったあとは ちょうど福岡で
宝塚の公演をやっていたので それを1日観劇。
(宝塚は “全国ツアー” という 約1ヶ月かけて全国をまわる公演を、年何回かやるのです。)

そのあと関西に帰省して、本場の劇場でもタカラヅカを観るという
なかなか幸せなGWを過ごしてました。
今回あまりゆっくり帰省できなかったけど、友達と会うこともできたし☆

でも! 一応私もタカラヅカ以外の舞台も観てますよ(笑)
4月に劇団四季の 『クレイジー・フォー・ユー』 を観て来たので、その感想を書いてみたいと思います。


◆◆あらすじ◆◆
 銀行の跡取り息子だが、踊ることに夢中で全然仕事をしないボビー。
 ある日仕事で、ある劇場を嫌々差し押さえに行くが、なんとその劇場オーナーの娘に
 恋をしてしまう。
 劇場を守ってあげたい思いや、彼女に振り向いて欲しいという思いが溢れ出すボビー。
 彼がとった行動は!?
      



面白かったですね~。
歌とダンスが多くて 明るい感じで、ストーリーも分かりやすいので楽しく観れました。

そしてやっぱり四季は歌がすごい
皆ハイレベルで、素敵なミュージカルを楽しむことができました。

そして今回すごいと思ったのは、作品中に出てくるいろんな種類のダンス。
タップダンスや、イスやロープなどの小道具を使った独特のダンス、主演2人のしっとりした
デュエットダンス・・など いろんな種類のダンスがたくさん楽しめて、本当~に見ごたえがありました。

四季でダンスの多い作品を観る機会が今まであまりなかったんだけど、
やっぱり歌もダンスもすごいんだなぁと、改めて認識してしまいました

ストーリーが少し おとぎ話っぽいって言われてるみたいだけど、
観たあと本当に明るい気分になれるし、とても素敵な作品だと思いました。

キャストで素晴らしいと思ったのは、やっぱり主役の加藤敬二さん。
なんと今年48歳なんだって
後で調べてビックリ!

いくら毎日鍛えていると言っても、この年齢で出ずっぱりで、あれだけのダンスをこなせるなんて・・。
しかも年齢をまったく感じさせない キレのある素晴らしいダンスで、歳に捉われてちゃいけないなと
改めて思ってしまいました。
(↑ ものすごい努力をしてるんだろうし、自分と一緒にしちゃいけないけど

とても人気があるというこの作品。
残念ながら福岡からは、劇団四季の通年公演撤退が決まってしまったけれど、
機会があればまた観てみたいです

~2010.4.10 13:00 福岡シティ劇場 2階J列~

にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ


profile & message

ゆず

Author:ゆず
神戸生まれのAround40。
夫と2人、大阪→東京→名古屋→福岡
→大阪→東京と転勤中

転勤先で仕事を見つけて働いています。人事労務・経理補助。

40歳を過ぎて、老後を考えることも増えてきました
日々の思いをできるだけ素直に綴りたいと思います。

趣味はゴルフ・舞台を観ること・
読書・英語の勉強。

コメントはお気軽に書いてくださいね。よろしくお願いします



category


最近の記事


バックナンバー


*link*


counter


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム