『激情』・『BOLERO』
2010 / 05 / 11 (火)

  
5/1に福岡県の宗像市(むなかたし)で観た、宝塚歌劇の感想です。
(『激情』 と 『BOLERO』 の2本立て。)
      





『激情』 (お芝居)

よかったですね~。
ホセとカルメンのお話を題材にしたものなんだけど、ちえちゃん(柚希礼音さん)はホセの弱さが
よく出てたし、ねねちゃん(夢咲ねねさん)はカルメンの傲慢さや誰にも縛られたくない面が
よく出ていたし・・。
私は99年の初演も観ていないので、何の違和感もなくスッと入り込むことができました。
初演を観てる方には、ねねちゃんのカルメンが物足りなかったりするのかな?

確かにねねちゃんはあまり冒険せずに、出来る範囲でやっちゃう人(かな、と思う)なので
もっと殻破って!っていつも思うんだけど、今回は地声でやるお芝居と歌や役柄が
ハマっててよかったと思います。

涼さんは人柄とかは本当に素敵な人だな~と思うんだけど、舞台では・・。
重要な役をやることが多いから、もっと良ければもっと舞台が締まるのにな

夢乃さんは素敵ですね。歌もうまくなったし、お芝居は上手いしスタイルはいいし、
マタドールがとても似合ってました。

娘役さんではやっぱり妃咲せあらちゃんかな~。
唯一の白い役で、純粋でまっすぐな女性・・というのがとてもよく出てました。
お芝居が上手くて大人の役も黒い役も出来るのに、今回みたいな役も出来てすごいな~と思います。

真風涼帆さんはやっぱり目立つな~。カッコよかったです。
歌とかセリフはまだまだかなと思うけど、あれだけカッコよかったら仕方ないですね (←何が)。
一生懸命やってる感じが、もっと舞台に出ればいいと思うけど。

結局ホセは、光の世界でも陰の中でも生きられなかったんですよね。
そのホセの心の動きがよく分かったし、1つ1つの行動を取る気持ちがとても理解できたので、
入り込みやすくて素敵な作品だったなと思います。


『BOLERO』 (ショー)

なんか・・よく分かりませんでした
マジメにストーリーを追って観ていたらよく分からなくなってきて、「そうやって観るものじゃないよ」と
後で知り合いの人に言われてしまったし
ストーリーは関係なく、場面場面を楽しむのがいいみたいです(爆)

確かに後半は、素敵な場面が多くていいなと思いました。
前半はちょっと印象に残る場面が少なかったかな~。
ボレロの有名な曲に合わせて踊るダンスシーンは、どれも素敵でした。

男役さんが茶色の衣装で踊るシーンと、トップコンビが赤い衣装で裸足で踊るデュエットダンスが
特に印象に残っています。
でももっと、ちえちゃんにしか出来ないような激しい(難しい?)振りのダンス場面も
観てみたかったな。
なかなかここまで踊れる人が宝塚に居ないと思うので、これからもっともっと色んなものを
観てみたいと思いました

~2010.5.1 14:00宗像ユリックス 1F16列~

にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ


profile & message

ゆず

Author:ゆず
神戸生まれのAround40。
夫と2人、大阪→東京→名古屋→福岡
→大阪→東京と転勤中

転勤先で仕事を見つけて働いています。人事労務・経理補助。

40歳を過ぎて、老後を考えることも増えてきました
日々の思いをできるだけ素直に綴りたいと思います。

趣味はゴルフ・舞台を観ること・
読書・英語の勉強。

コメントはお気軽に書いてくださいね。よろしくお願いします



category


最近の記事


バックナンバー


*link*


counter


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム