『大奥』 観てきました。
2010 / 07 / 09 (金)

  
今日は博多座で舞台 『大奥』 を観てきました。
そんなに観たい!っていうほどでもなかったし(←コラッ)、まぁ観れればいいかと
3階席から観劇。 でもこれが本当~にいい舞台で。

大奥って “女のバトル” っていうイメージがあるけど、笑いもバトルもあり、
そして何より、自分の幸せを諦めて大奥で生きる女性の運命と悲しさを描いている、素敵な作品でした。

意外なことにすごく泣けたし笑えたし、話題の衣装も豪華だし・・。
ドラマを観てなかった私でも、そして3階の後ろからでも充分楽しめました。


簡単に言うと、

時代は十四代将軍・徳川家茂の頃で、大奥を一手に取り仕切る瀧山を演じるのが浅野ゆう子。
京都から将軍のもとに嫁いでくる和宮(かずのみや)が安達祐実で、将軍の母であり、
安達祐実の姑を演じるのが多岐川裕美さん
なんですが・・
詳しいあらすじやキャストは、博多座のサイトをご覧ください
      




浅野ゆう子さんは上手いですね~。
大奥を取り仕切る強さと、そのためにだんだん人の心をなくしていっているように感じる、
人間としての苦悩がすごくよく出てました。

ゆう子さんはこの日(7/9)誕生日だったみたいで、最後アンコールで出演者が舞台に並んでいる時、
サプライズで大きなバースデーケーキが
客席とキャストでバースデーソングを歌って、すごく盛り上がりました。
全然知らなかったけど、この日に行けてよかったな~。

安達祐実ちゃんもめちゃくちゃ上手かったです。
悲しいけど明るい役で、自分の不幸な運命を分かりながらも明るく振る舞い、
人の心を開いていく様子がとても健気で・・。
途中から彼女が出てくる場面ではずっと泣いていました。

十三代将軍と、僧侶を演じた羽場裕一さんはいい声で・・。
さすが舞台でずっとやってきた俳優さんですね。

大奥スリーアミーゴスは、噂話と食べることが大好きな女性3人組。
明るい場面担当で楽しかったです

皆さんすごく滑舌がよくてセリフもはっきり聞こえる中で、将軍を演じた金子昇さんだけが
ちょっと弱い感じだったかな~。 優しくて弱い将軍らしさは出てたけど。


音楽も良くて、見せ場も多くて面白くて。
久しぶりに本当に行ってよかったな~と思える舞台でした。
もし迷ってる方がいたら、ぜひ行かれることをオススメします!

会社の人も同じ時間に観てたみたいだから、また感想語り合いたいな。

~2010.7.9 11:00 博多座 3階D列~

にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ


profile & message

ゆず

Author:ゆず
神戸生まれのAround40。
夫と2人、大阪→東京→名古屋→福岡
→大阪→東京と転勤中

転勤先で仕事を見つけて働いています。人事労務・経理補助。

40歳を過ぎて、老後を考えることも増えてきました
日々の思いをできるだけ素直に綴りたいと思います。

趣味はゴルフ・舞台を観ること・
読書・英語の勉強。

コメントはお気軽に書いてくださいね。よろしくお願いします



category


最近の記事


バックナンバー


*link*


counter


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム