スポンサーサイト
-- / -- / -- (--)

  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  
イタリア旅行記その8 ~カプリ島・青の洞窟へ!~
2009 / 02 / 05 (木)

  
◆ 2008.5.25 (旅行5日目)◆
カプリ島観光 (宿泊はローマの ホテルラニエリ)



さて本日は別行動。 Y-チェとNちゃんはアマルフィ海岸へ、私はカプリ島へと向かいます!
      


【 青の洞窟へのルート 】

私がカプリ島へ行くことにしたのは、どうしても青の洞窟に行ってみたかったから。
ナポリから青の洞窟へ行くメジャーなルートは、次の通りです。


ナポリ → (大型船) → カプリ島着 → モーターボート → 小型船に乗り換えて洞窟内へ


でもこのルートの場合、小型船へ乗り換えるためにモーターボートに乗ったまま、
海の上で数十分待たないといけないこともあるようです。

けっこう揺れてツラそうだから、私はモーターボートの部分を陸路バスで行くことにしました。
そうすると小型船を待つのも、陸の上で待てるので

つまり写真で説明すると、これが洞窟の入り口。


CAPRI1.jpg


4~5人乗りのボートで少しずつしか入れないから、それを待つために海の上で数十分。
でもバスで行くと右側階段のところにいる人たちのように、地上で待てるというわけです


でもこのルートはマイナー気味で、Japaneseの女1人は、バスの中でもけっこう
目立つこととなりました
( とは言っても検索するとたくさんの旅行記が出てくるから、バスで行ってる人もいる筈なんだけど。)



【 ナポリからカプリ島 】

まずナポリのホテルを出て、カプリ島へ向かうまでのことを書きたいと思います。

カプリ島へ渡る船は、ベヴェレッロ港から出ているので、ホテルから港まではタクシーで。

日本で調べると、このルートは定額料金が設定されていて、タクシー車内に料金表もある。
でも、乗る前に絶対料金の確認は必要!とのことだったので、乗る前に運転手さんに
料金を確認しました。

するとやっぱり、日本人女性の1人乗車、ふっかけようとしてきます!
料金表 (確か10ユーロぐらい) があるにも関わらず、それより数ユーロ高い額を言ってくる。
表を指しながら必死に(!?)反撃したところ、ほぼ定額で行ってくれることになりました。
(それでも1ユーロぐらい、定額よりは高く決まったような・・。
 大体それぐらいのところで落ち着くことが多いようです。)

そしてめーっちゃ荒い運転で港へ。(ナポリの交通事情、ハンパない

港の電光掲示板には時刻と船会社が出ているので、会社別に分かれた
チケットカウンターで券を買います。



CAPRI2.jpg



船の種類はフェリー・高速船・水中翼船などがあり、この順番に料金が高く、
所要時間が短くなっていきます。
私は確か、18ユーロほどの水中翼船に乗りました。

ちなみに8時台のチケットを買ったんだけど、チケットに表示されてる時刻は午後の時刻!
「違うや~ん」 みたいなことを窓口の人に伝えると、「OK!No problem」 的な答えが。
確かにそれで問題なく乗れたので、チケットあればOKみたいですね


船からは青い空が。


CAPRI3.jpg



45分ほどでカプリ島が見えてきます。マリーナグランデという港に到着。
かわいい街


CAPRI4.jpg



ここから青の洞窟へ向かうメジャーな方法は、初めにも書いたとおり、モーターボート。
皆続々と20人ほど乗れるモーターボートに乗り換えていきます。


CAPRI5.jpg



でも私は、マイナールートのバスに乗るので、チケット売り場へ向かいます。

港から右に曲がると案内があり・・


CAPRI6.jpg



チケット売り場がありました。
バスはもちろん、帰りのフェリーのチケットもここで買うことができます。


CAPRI7.jpg




私は確か6ユーロほどの、バス1日乗り放題券を買いました。
(島内のケーブルカー1往復分も乗車可。)


CAPRI8.jpg




【 港から青の洞窟 】

そしてバス乗り場へ。
青の洞窟への直通はなく、“アナカプリ” という所で1回乗り換えるので、アナカプリ行きへ並びます。


CAPRI9.jpg



ちなみに、ここからアナカプリ行きのバスは少ないので、近くから出ているフニクラーレ (= バスの1日券で乗れるケーブルカーのこと) で5分ほどの “カプリ地区” へ行き、そこからまでバスでアナカプリに行くという方法も。

バスの時刻表は →      コチラ
フニクラーレの時刻表は → コチラ
どちらもこのサイトの左のバー、“Bus” “Funicular” という所からダウンロード出来るので、
最新情報はそちらで確かめてくださいね。


私は直接アナカプリに行くバスに乗ったので、20分以上待ちました。
坂を登っているオレンジの車体のようなバス。



CAPRI10.jpg


かなり急な坂を登り、アナカプリ地区へ。
ここでの写真はないけど 、アナカプリで下りて少し先へ歩くと洞窟行きのバス乗り場があるので、乗り換えます。

そこからは15分ほどで青の洞窟(Grotta Azzurra ・ グロッタアズーラ) へ。

最初に載せたのと同じ写真になるけど、右側で待つ人達のいる所へ向かうため、
階段を下りていきます。

CAPRI1.jpg



階段の途中には、こんなお店も。けっこう充実しています。

CAPRI11.jpg



下を見ると、いろんな種類の船が。

CAPRI12.jpg


左側の20人弱乗っているのが、港から来たモーターボート。
オールで漕いでいるのが、洞窟に入るための小さい船。
そして右奥 屋根のついている船が、洞窟入場料などを払う料金所です


料金所をちょっと拡大。今まさに料金払ってますね~。
洞窟に入る船代と、入場料とで確か10ユーロほど。
他に各船の船頭さんへのチップも、半ば強制です

CAPRI13.jpg


そして階段で5分ほど待っていると呼んでくれたので、小型船へ。
洞窟入り口は低いので寝っ転がるよう言われて、いざ洞窟の中へ入ります

CAPRI14.jpg

CAPRI15.jpg

CAPRI17.jpg


もう言葉、いらないです。。。
でも洞窟にいられるのは、ほんの5分ほど。
もし、もしもう一度行けることがあったら、次は写真は撮りません! 目に焼きつける(笑)

狭~い入り口のため、少しでも波が高いと入れない青の洞窟。
半々と言われる確率の中、たった1日しかないこのチャンスに入れたのはラッキーでした

このあと島内を観光しますが、長くなったのでまた次に!


にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ


profile & message

ゆず

Author:ゆず
神戸生まれのAround40。
夫と2人、大阪→東京→名古屋→福岡
→大阪→東京と転勤中

転勤先で仕事を見つけて働いています。
給与計算・社会保険などの労務や
経理補助の仕事。

引越し先でのお出かけや仕事探し、
golfの成長を綴りたいと思います。
好きなことはゴルフと観劇・体を動かすこと・読書・英語の勉強。

コメントはお気軽に書いてくださいね
よろしくお願いします!



category


最近の記事


バックナンバー


*link*


counter


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。