『偶然の音楽』観劇記
2008 / 09 / 15 (月)

  
9/14、主人は同窓会のため1泊で大阪へ帰っていたので、
私は東京へお芝居を観に行ってきました。
この日は2本観たのですが、まず1本目は、世田谷パブリックシアターでの『偶然の音楽』。
大好きな仲村トオルさん主演の舞台です。
The Music of Chance
◆キャスト&あらすじ◆
ボストン消防署で働くジム(仲村トオル)は
ある日突然父の遺産20万ドルを受け取り、旅に出かける。
彼は旅先でジャック(田中圭)に出会い、
奇妙な大富豪フラワー(大森博史)とストーン(小宮孝泰)の邸宅へポーカーの勝負を挑みに行くのだが・・。



劇場について
面白い劇場だなと思いました。

・半円形で客席も少なく、舞台がとっても近い!
 (600席あるらしいですが、もっと少なく感じました)

・黒とベージュでシックにまとめられていて、なかなかオシャレ。
 でもなぜか天井が青空と雲の絵・・・

・出演者が舞台の前方にハケることもアリ。
 (1階客席のド真ん中に舞台裏へ通じる階段が作られており、そこからハケる時もある)

・2階や3階の後方列は椅子自体が高くなっており、足が床に着かない。足置きあり。

・客席の配置が不規則で、1席や2席だけ独立しているブロックあり。

・場所が分かりにくい(笑)
 ビルの3階にあるという事を覚えていかないと、迷うと思います。
 

前置きが長くなりましたが、ネタバレありの観劇記書いてみたいと思います。
      




全体の感想として・・すごく難しい
ちゃんと観たのにこんなに感想が書けないなんて初めてです。何から書こう?笑


まず舞台の作り自体がすごく独特で、黒やグレーの四角いブロックを
規則正しくいくつも並べた縦長のステージ。
そしてそのステージの左右の端を、真ん中にいる以外の出演者が、
手前から奥に向かって常に歩き続けます。
曲がる時は直角に。奥まで行ったら一旦引っ込んで、また手前から出て来て。
どうやらその動きで時間の流れを表してるみたい。難しいな・・。


そしてこの舞台にはセットという物がありません。あるのは椅子とテーブルのみ。
普通はセットで場所が分かるんだけど、この舞台は人が座ってお酒を飲めばそこはバー、
運転していれば車の中という感じ。
だからハッキリとした場所が分からず、目の前の出来事が
現実世界のものなのかどうかもよく分かりません
とにかくすべてが抽象的で、観る人に解釈が委ねられるような作品でした。


例えばポーカーの勝負に負けたジャックが誰かに
瀕死の重傷を負わされる場面があるんだけど、それは誰の仕業なのか??


ラストは車を運転するジムが正面衝突(?)するんだけど、止まった車の前にはジャックが倒れていて、
2人が出会った時と同じ状況。これはどういう意味なのか?


これは結局、ジャックが道端で倒れていたのは、元々ジムが車で轢いてしまったからという事?
だからジャックと関わったために起こるその後の辛い運命は、結局自分の手によって引き起こされたのだ、という事・・?


多分この解釈間違ってます(笑)。でも私にはその程度しか解りませんでした
偶然と思える事でも、結局は自分の手によって引き起こされているという事・・かなぁ?


とにかく答えがハッキリしないので、観終わった後色々考えてしまいます。
でもそれでいいみたい。
この舞台、ポール・オースターというアメリカの作家の本が原作なんだけど、
読み終わったあと色々な解釈が出来る本のようだから・・。


最後にキャストについて簡単に。


◆仲村トオル
カッコよすぎです
ファンの私でも、TVで観るとあまり演技が上手いとは思えない時があるけれど
舞台では全く気になりませんでした。
とにかく声がよくて、どこの舞台俳優さんだろう?と思ったぐらい。
最後の挨拶でも、袖に引っ込む寸前まで客席に頭を下げていて、
素敵な人柄が見えました。


◆田中圭
元気なジャックを上手く演じてました。
でもフィナーレの様子では・・素でもジャックみたいなキャラなのかな!?

3年前の初演では小栗旬が演じたというこの役。
きっとプレッシャーもあったと思うけど、ジャックとして舞台で生きていたと思います。


とにかく難しくてモヤモヤ感も残るけど、すごくシックでスタイリッシュな舞台でしたキラキラ


にほんブログ村 家族ブログ 転勤族へ


profile & message

ゆず

Author:ゆず
神戸生まれのAround40。
夫と2人、大阪→東京→名古屋→福岡
→大阪→東京と転勤中

転勤先で仕事を見つけて働いています。
給与計算・社会保険などの労務や
経理補助の仕事。

引越し先でのお出かけや仕事探し、
golfの成長を綴りたいと思います。
好きなことはゴルフと観劇・体を動かすこと・読書・英語の勉強。

コメントはお気軽に書いてくださいね
よろしくお願いします!



category


最近の記事


バックナンバー


*link*


counter


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム