東野圭吾 : 『流星の絆』
2008 / 10 / 09 (木)

  
最近あんまり読めてなかったけど、本を読むのはすごく好き。
読んだ本の感想も、たまに書いていきたいと思います
今回は東野圭吾さんの 『流星の絆』。

◆ジャンル … ミステリー
◆ひとこと感想 … 面白い!
◆星5つのうち … 4つ半


◆あらすじ◆
幼い頃に両親を殺された3人の兄妹。
彼らはやがて詐欺師となるが、妹・静奈は
詐欺のターゲットの男性を本気で愛してしまう。
しかもその男性の父親は、彼らの両親を殺した犯人かも知れない・・。
      

すごく面白かったです!
最後の1ページまで面白いし、恋愛・兄弟愛・犯人探し・・色々楽しめました。

好きになってはいけない人を好きになるとかもう、すごく好きな設定だし(笑)
犯人探しというミステリーの王道も楽しめました。
兄弟愛も伝わってきて、すごく好きな本になったけど、
何かが足りない気がするのは “深さ” かなぁ?
なんとなく全体が軽い感じで、それが少し残念でした

あえて軽く書いてあるっていう感じでもなかったから、もう少しシリアス系で
まとめて欲しかった気もします。

犯罪や殺人はあるけれど、本当に悪い人は出て来ないから、
なんとなくキレイにまとめられちゃった感もあるかなぁ。
面白かったけど、先が気になって仕方ないというほどでもなかったのは、
そこかも知れません。

でもとてもいい本で、私はこの本、大好きになりました
好きになったからイメージは壊したくないけど・、来週から始まるこの本を原作としたドラマ。
3兄妹のキャストは二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香。
う~ん、なんかイメージ違うなぁ。。

東野さんもよく、『原作と映像は別物だと思ってる。』 と言ってるそうだし、
私もそういう視点で、ドラマを見てみたいと思います!


profile & message

ゆず

Author:ゆず
40代、夫婦2人暮らしの転勤妻。
この歳でコドモもいないと色々思うこともありますが…
日々明るく過ごしていきたい
自然体で。
そんな気持ちを綴るblogになればと思っています。

夫の転勤先で仕事を見つけて働いています。
非正規がメイン。
人事労務の仕事が好きで社労士勉強中。

舞台を観ることとゴルフが好き。
最近 本を読めてないので、
意識して読んでいきたいな。

コメントはお気軽に書いてくださいね



category


最近の記事


バックナンバー


*link*


counter


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム